カメラ転売で商品が落札されなかった後にやるべきこと

この記事は3分で読めます

■カメラ転売で商品が落札されなかった後にやるべきこと

なぜあなたの商品は落札されなかったのか?


このブログでは、ヤフオクで出品したのに商品が
落札されなかった後の立ち回りについて解説しています。


落札されなかった原因を分析することが大事


何も対策をしないままそのまま出品していませんか?


今回は出品した商品が落札されずに終了して

しまった時の話です。



ちょっと悲しい瞬間ですよね。



でも、落ち込んでいてもいられません!



カメラ転売では売れないことは珍しいことではないので、

売れなかったら再出品して次売ればいいだけのことです。



ただ、そのまま再出品しているだけでは、

根本的な原因が解決されない限り売れないかもしれません。

※タイミングによっては売れることもありますが…。



なので、もし売れなかったら


「なぜ売れなかったのか?」


これを考えるようにしてください。




特にカメラ転売初心者の方は要チェックです!




最初の頃はミスが多いと思いますので、

売れない場合は必ず原因を探るようにしてください。



そこで、まずどうやって探るかということなのですが、

ヤフオク>マイオークション>出品終了分>落札者なし

から該当の商品ページを開いてください。



するとアクセス数ウォッチリストに追加された数

わかると思います。



アクセス数というのは、実際に商品ページを見てくれた数です。

こちらが少ない場合は、そもそも商品ページが見られていない

ということになります…。



値段が高すぎるとか、商品タイトルが間違えている

とかが主な原因です。



特に商品タイトルに間違いがあれば、

検索ワードにかかっていない可能性があるので

早急に修正が必要です。



あとは、商品自体がそもそも価値がないとか、

マニアックな商品とかですね。



そして、次のウォッチリスト(お気に入り)ですが、

ページを見てもらってウォッチリストに入れてもらえた数です。




つまり、欲しいと思ってもらえた数なのでかなり重要な数字です。




購入までには至っていないのですが、

なにかしらの理由が解決すれば買ってもらえる状態です。




その理由の大半は金額です…。




つまり、○○円までなら出せるけど、今の金額じゃ買えない、

という状態の人が待機しているということですね。



もしくは、今はお金がないけど、お金が入ったら買う、

という人かもしれません。



いずれにしてもウォッチリストが多いほど購入される確率は

高くなります。



ただし、ウォッチリストが1しかないから売れない、

というわけではありません。


特に希少でマニアックな商品は突然ポンと売れたりします。



平均的にはウォッチが10以上は入っていてほしいですね。

 


価格設定が起因しているもの


相場を誤ってかなり高めに設定していないか


では、アクセス数とウォッチ数を確認した後の確認ですが、

まずは相場から大きく乖離(数字が離れている)していないか

をチェックしましょう。



Canonのレンズを例に出すと、例えばISなしのレンズをISありと思って

仕入れてたりとか、そもそもオークファンの見方が間違ってたりとか

そういったミスがないかをチェックします。



価格が間違っていたら、赤字になっても適性な数字に修正しましょう!



そのままだといつまでたっても売れませんし、資金は凍結、

へたをしたら商品の相場が下落するリスクもあります。



なので、ミスだとわかれば潔く負けを認めて次に活かしましょう。



また、現在開催されているライバルの価格もチェックしましょう。



相場が適性でも、一時的に相場が高くなっている場合もありますので、

今自分の価格がどの位置にあるのかもチェックしておくと参考になります。


出品ページが起因しているもの


写真や出品内容に間違いがないかをチェック


価格は問題なかった、ではその次に疑うのは出品ページです。

ざっとチェックするところを列挙してみます。



・写真が明るすぎたり、ボケていたりしないか?

・商品タイトルに誤りはないか?60文字をきちっと使っているか?

・カテゴリに誤りはないか?

・終了日時に誤りはないか?

・商品ページの写真がリンク切れしていないか?

・商品ページの内容に誤りはないか?



特に商品タイトルやカテゴリの間違いは、

そもそものアクセス数に影響してきますので要注意です!



検索に掛からなかったら、どんなに良い商品でも売れませんので…。



また、写真のリンク切れは、

「この出品者やる気あるの?」と思われかねませんので、

必ずチェックするようにしてください。


タイミングが起因しているもの


それでも特におかしなところがなかったら


価格と出品ページどちらも間違っていなかったら、

下手な値下げはせずに基本は様子見です。



有料オプションで注目を集めたり、定額であれば一円出品にして

様子見をするのもいいでしょう。



特に売れない月とか、連休中などが影響する場合もありますので、

タイミングだと思って様子を見るしかありません。




もしくは、少しだけ価格を下げたり、上げて牽制するのもいいでしょう。




価格が下がれば、

ウォッチリストの中で待っている人の中から

この価格なら買ってもいいと言ってもらえるかもしれません。



無計画な値下げはダメですが、意図してされるのであれば

それもありだと思います。



価格が変わると、ウォッチリストの人にメールが飛ぶので、

プッシュするという意味では宣伝費として割り切れるかもしれません。



以上、ざっくりとですが解説させていただきました。



私自身アクセス数とかはツールで確認しながら

チェックはしてるんですけどね、

写真のリンク切れはたまにやっちゃいます…。



ちゃんと失敗を活かして、次に繋げたいですね。



最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カメラ転売でどんなにノウハウを覚えても稼げない副業の方へ
  2. 副業でカメラ転売する上で格段に成果が変わる戦略とは
  3. 副業でカメラ転売を始めらない・稼げない最大の理由とは
  4. カメラ転売で雪だるま式にお金を稼ぐ方法とは
  5. 副業カメラ転売を継続させる赤字とクレームとの付き合い方
  6. 副業カメラ転売でめちゃめちゃ稼ぐ為に必要な12の要素とは