副業カメラ転売で落札される確率を大幅に上げる方法②

この記事は3分で読めます

カメラ転売で落札される確率を大幅に上げる方法②

ネットショッピングは商品を手に取ってみることができない


このブログでは、ヤフオクで落札される確率を上げるための
手法を引き続き考察していきたいと思います。


カメラ専門店であることをアピールしよう


リサイクルショップや素人よりも専門店の方が信用が高い


ヤフオクで出品をするなら、カメラ専門店として出した方が

安心感を与えやすくなります。


リサイクルショップや素人の方は、カメラの知識がないので、


「検品がしっかりとできていないんじゃないか?」

「質問しても答えられないんじゃないか?」


と不安になってしまうんですね。


ですが、カメラ専門店であれば、

カメラの知識が豊富なので、取り扱いや、

検品の精度も高いのではないかと推測できるわけです。



それではどうやってカメラ専門店とアピールするのか。



1つは写真機商の古物の番号を記載してアピールしてみることです。



古物についてはまた後ほどお話しますが、

各都道府県から中古品の販売を許可されてますよ

という証明のことです。



次に出品している商品をすべてカメラ関連にすることです。



カメラ以外にフィギュアやゲームなどが混ざっていると

リサイクルショップのような印象を持たれてしまうので

カメラだけを取り扱うようにしましょう。



まぁ、他にもたくさんありますが、

このようにカメラ専門店ですよと

しっかりいろいろなところでアピールすると信頼度が上がります。


ただ、注意が必要なのは、

まずい販売をしているカメラ転売ヤーさんも、

同じように専門性を謳っています。


なので、同じようなアピールですと、

同じ仲間だと思われてしまいますので、

他店とは違う工夫が必要になると思います。


私もこの点は反省が必要で、

ちゃんと現状に最適なテンプレートに

メンテをしていかないといけないですね。

ヤフオクは写真が命!


唯一お客様が商品の状態を見ることができる手段


まぁ、動画もなくはないのでしょうけど、

やはり商品を最強にアピールできるのはこの写真です!


写真がきれいだと、前述したように、


「ここはカメラのことをよくわかっている!」

「専門店だからこんなにきれいに撮れるに違いない!」


と好印象を得ることができます。



その為には他店を退けるほどの写真テクニックを

身につけないといけません。



が、そんなことを言うと、

初心者の方のハードルが上がりますので、

あくまで理想はです。


私も徐々に写真を進化させてきましたので、

最初は基本的なところを押さるだけで構いません。


よくあるのが、「商品の背景を真っ白にすること」です。

俗に「白バック背景」といってカメラ転売ヤーの証みたいに

なってます。笑



白バック背景だと、一円出品が上がりにくいと言われています。



でも、個人的な意見としては、重要な位置が網羅されて、

きれいに撮れているなら背景がなんだろうが売れると思います。


実際私は白バック使ってますし…。


白バック自体はやはり商品を魅せるのに最適な手段なので、

以下にその偽物バイヤーではないとアピールするかだと思います。


白バックにするとバイヤーは入札しませんので、

1円が上がりにくいという傾向がありますが、

写真が違っても評価見ればバイヤーだとすぐわかりますしね。


なので白バックの短所を埋める工夫が必要になると思います。

私は実際今実験をしていますので、効果が出ればまたお伝えしますね。

痒いところ手が届く写真アングルと商品説明


自分が仕入れをするときどういう部分を知りたいか?


お客様は商品を実際に手を取って見ることができない為、

出品者の写真と商品説明を信用するしかありません。


その信用という面では前回の記事に記載をさせていただきました。


では、次に、


どういう写真が見たいのか


どういう商品説明をして欲しいのか


それを考える必要があります。


例えば、


「レンズの中をくっきりと見たい!」


そりゃそうですよね。


カビとかクモリとか気になるわけですから。


「外観もすべてのアングルから見たい!」


そりゃそうですよね。

死角のところがダメージあったら困りますから。


それらを少しでも叶えるために、

写真はたくさん載せるようにしましょう。


写真編はまた別で詳しく説明します。


また、商品説明も具体的に書くと信憑性が増します。


AF1つにしても、


「AF問題ありません!」


というよりは、


「AFに迷いなく素直にスッとフォーカスしてくれます。」

「AFに異音なくしっかりと静粛性を保持しています。」

「AF動作絶好調で、素早く正確にフォーカスしました。」


とかの方がなんかしっかりと検品してる感がありますよね。


正直私もこの辺の言い回しは、

もっと見直しが必要かなと思ってます。


情報発信するようになってから、

やけにこの文言というやつが気になってきたんですよね。汗


近々テンプレの大改修をしようと思います。


とにかく、写真と商品説明がとてもレベルが高い印象を持たれたら

カメラ専門店として見てもらえます。



実際のリアル店舗のネットショップとかを参考にしてもいいですね。



また、トップセラーの出品ページもぜひチェックしてください。



中には到底真似できないくらい専門知識びっしりの方とかおられます。

あれはすごい…。


もっとカメラのことを勉強して、

あれくらい攻めた商品説明をしたいですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で小資金でも稼ぐことができる理由とは?
  2. カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは②
  3. カメラ転売で意識したい稼げる年間行事を大公開します!
  4. 副業カメラ転売を無料で1.7倍作業スピードを速くする方法とは
  5. カメラ転売で全然稼げなくて焦っている方必見!倍速で成果が出る方法
  6. カメラ転売でYahoo(ヤフー) マネーはメリットがあるのか?