カメラ転売のリスク管理!クレジットカード管理、地震対策とは

この記事は4分で読めます

カメラ転売のリスク管理!クレジットカード管理、地震対策とは

稼ぐよりも継続することを一番に考える


このブログでは、タイトルは変わりましたが、
前回に続いて継続をテーマに解説していきたいと思います。


健康以外に継続を妨げてしまうもの


予め対応方法を決めてリスク管理しましょう。


健康は重要ですが、他にもありますよね。



そう、健康の次はお金です!



クレジットカード払いの資金ショートを避けなければなりません。

カメラ転売でクレカが死ぬのは絶対に避ける必要があります。


ですので、まずはクレカ自体の期限を極力延ばすためにも、

まずは、15日払いと月末払いの2枚を用意することをおすすめします。



そして、月初から15日までの仕入れについては15日払いのカードで、

16日から月末までのは月末払いのカードで仕入れをすれば、

支払い期限を少しでも長くすることができます。



また、どのクレジットカードでどのくらい使ったのかを管理すれば、

いつまでにキャッシュを用意しておく必要があるかを確認できます。


これを把握しておけば、いついつまでには一円出品でキャッシュ化

が必要かデッドラインが把握でき、ショートを避けることができます。



それでもショートしそうな時は、

別の方法で資金調達するか、最悪一時的にリボ払いで逃げるしかありません。。



すぐに資金回収して一括返済をするようにしましょう。



可能であれば、

クレカ以外でお金を調達できる金融機関を用意しておくと安心です。



銀行のカードローンとか消費者金融とかですね。



借りられる枠があるのでしたら、

資金に回すのが個人的にはおすすめですが、

借りずに緊急時の回避策として契約だけしとくのもありです。



万が一の時だけ借りて、資金ショートを防ぐわけですね。



他にも予め家族とかに、

一時的にお金を助けてもらう約束をつけておくとかです。


利息がかからないのでこれが一番いいですが、

借りられるかは各環境で違うのでできたらですね。


家族に内緒でされている場合は特に無理ですが、

在庫の関係で遅かれ早かれバレると思いますので、

早めに協力体制は築いておいたほうがいいと思います。

どんどん危機意識が高まりつつあるあの対策も…


対策しないといろんな意味で命取りになりかねません



また、次に考えられるのは災害です。



日本は地震によるリスクが極めて高いので、

いつ地震によってカメラ・レンズの在庫が壊滅するかわかりません。



まぁ、最優先の最優先は当たり前ですが人命です。

これについては日頃から防災準備、避難訓練をするなど

生存確率を少しでも上げるように努力する必要があります。


間違っても、地震の時に在庫がやばい!と

レンズを守りに行かないでくださいね…。


まずは自分や家族の命が最優先です。


ちなみに我が家では、地震時に一時的に避難する場所や、防災グッズ、

避難経路の確認や、地震時の安否確認方法などを共有しています。


転倒防止処置もある程度お金をかけて対処しましたので、

ぜひ見直すようにしてください。



ほんの少し話が逸れてしまいましたが、

カメラ転売で言うと在庫をどうするかが重要になります。


最近では熊本で大きな地震がありましたが、

仮にあの規模の地震が起きたとして、

あなたの在庫は損害なく出荷することができるでしょうか?



M8~9クラスの大地震は、2015年調査で、

30年以内の発生率は70%あるようです。


50年以内だと90%、まず起きると考えたほうがよさそうです。



ですので、商品が破損しても保証を受けられるような

体制が必要かと思います。



例えばAmazonのFBAですが、

Amazonに在庫があれば破損時保証を受けることができます。



下記は引用です。



FC担当者が商品の破損状況や在庫状況の確認を行っております。


確認の結果、FC内での商品の破損が認められた場合は

Amazonサービスビジネスソリューション契約における

フルフィルメント by Amazonサービス条件の規定に基づき、

交換価格をお支払いします。



また、外注先でも保証が聞くのか確認しておいた方がいいですね。

いけるようでしたら、自宅に在庫は置かないようにしましょう。



それでも自宅でしかないという方は、

地震対策をしっかりした上で在庫管理をするようにしてください。


でも、大規模な地震でしたら、

ほとんど効果がないかもしれません…まだマシです。



また、在庫だけではありません。



写真ブースやPCなど作業環境も早期に復旧できるかです。


災害に限りませんが、PCが故障することは十分考えられますので、

環境のバックアップは十分にしておきましょう。


特に重要なデータはクラウド(ネット上)上に保存するなど、

HDDやSSDが吹き飛んでも大丈夫なようにします。



また、PCについても予備のPCを用意しておく。



たとえばメインはデスクトップを使って、

予備に同じ環境のノートPCを使って故障に備えるなどすると

いざという時に処理を止めずに済みます。


ノートPCに同じ環境があれば、

出張時にも同じ環境で対応できますのでオススメです。



スマホなどはバッテリーが重要ですので、

モバイルバッテリーとかも用意したほうがいいですね。


私はスマホ必須なので、iphoneとAndroidスマホを

2台持ってトラブル時も大丈夫なようにしています。


と言いたいとこですが、

これはちょっと趣味が入ってるかもしれません笑



でもですね、案外スマホのバックアップとかおろそか

だと思いますので、この辺も見直ししておいたほうがいいですね。



究極はそういった環境は外注するようにするといいと思います。



そして万が一外注先で問題があれば、

自分でもできる環境にしておく。これで2重体制を敷きます。



なので外注したとしても、

自分の刀も定期的に研いでおいたほうがいいです…。



また、地震以外にも火災など当たり前ですが注意が必要です。



清掃や修理で発火性のあるものを使っていれば、

火器の近くには置かないようにしましょう。


まぁ、言ったらきりがないと思いますけどね。



極力最悪の事態を想定して、

事前に対処しておくことが重要なんじゃないかなと思います。



なってからでは遅いですからね。


私も気をつけないと…。


最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業でカメラ転売を継続して稼ぐ為に一番重要なこと
  2. 副業カメラ転売で面倒で気が進まない作業を簡単にする方法
  3. 副業でカメラ転売を継続する為に必要な『お金以外』のご褒美とは
  4. 副業カメラ転売のススメ!会社を辞める前に見てほしいこと。
  5. 副業カメラ転売で稼ぎながらノウハウを倍増させる方法とは
  6. カメラ転売でなぜ突然仕入れや出品ができなくなるのか