カメラ転売をする上で絶対稼げないやりがちな販売方法とは

この記事は3分で読めます

カメラ転売をする上で絶対稼げない盲点的販売方法とは

商品の価格設定を甘くみてはいけない!


このブログではカメラ転売でやりがちなNG行為について
解説しています。


商品の価値はお客様が決めるもの


商品の価格は出品者の強気の表れです。


最近私はあることを習慣化してしまった為に、

商品が一気に売れにくくなってしまいましたので

情報共有したいと思います。


そのあることとは…商品の値下げです!


適正な価格に調整するのがとても面倒だったので、

落札されずに終了したものは無条件にどんどん値下げをしていたのです。


それまでは特に値下げをすることなく、

ウォッチがまったく入らないものだけ微調整していました。


もともとそれなりに定額置きの商品が売れていたのですが、

値下げを定期的にするようになってから何かがおかしくなってしまいました。



そう!あきらかに商品が売れにくくなったのです。



体感できるくらいに売れにくさを感じました。


こいつはおかしい…。


そこで何が原因かを考えてみたのです。


どんどん価格が下がっていく商品を見て、

お客様はどんな印象を受けるだろうか?と。


まず最初に感じるのは、



「このまま待っていればもっと安くなるんじゃないか?」



価格.comとかに価格のグラフありますよね?

あれがきれいな右肩下がりだったら購入を待ちますよね?(笑)


まずこれが大きな原因ではないかと仮説を立てました。


さらに、商品の価値を人は価格でも判断している

ということに気付いたのです。


例えば何の変哲もない水でも、1000円する水だと言われたら

なんとなくおいしく感じてしまいますよね。


価格が高いということはこの商品には価値がある!と

人は感じてしまうのです。


こんな話もあります。



あるお店で、大変良質な商品をたくさんのお客さんに提供できたらと

相場よりもかなり安めで販売したのです。


ところがあきらかにお買い得なはずの商品がぜんぜん売れませんでした。


やけになった店主が従業員に「投げ売りの○○円で売ってくれ」といって

しばらく用事で店を離れました。


店主が戻ってくると商品は完売してました。



ここまではごく当たり前の話ですよね。
投げ売り価格で売って大赤字を出したという話。

 

ところが店主は従業員の話を聞いてびっくりします。


なんと、その従業員は店主の指示を聞き間違えて

通常の2倍の値段で販売してしまったのです。


なのに商品は飛ぶように売れていきました。



値段を上げたのにです!



そうなんです。価格を上げたことによって、

客はこれだけの値段がするのだから相当いい商品なんだと

認識したのです。

価格が高い=価値のある商品


あまりにも相場から下がりすぎると悪い商品と思われてしまう


つまり私の商品はどんどん価格を下げたことで、


「なかなか売れない不人気商品なのではないか?」

「なにか不具合があるのではないか?」

「実は類似の別の廉価版なのではないか?」


と疑われてしまったのではないかということが推測されます。


特に取り扱っている商品は新品ではなくて中古品です。


価格が低いということは「コンディションに自信がない」と

取られても仕方がないのです。


逆に強気の価格ということはそれだけコンディションに自信があるし

この商品には価値があるということの表れでもあるのです。


ここは意外に盲点ですので値下げが定常化している方は注意が必要です。


もちろん相場のリサーチミスで下げなければならないときもあります。



ですが、定期的に値下げしたり、相場よりも大きく下げることは

絶対にしてはいけません!



さて、その後の話ですが、

まず当然ですが定期的な値下げをやめました。


もちろん価格が適正かのチェックはやっていますが、

値下げは基本的にしないようにしました。


また、相場よりも下げすぎているものは逆に値上げしました。


すると商品の価値が向上し、前と同じペースで売れるようになりました。

仮説は正しかったようです。ひとまず安心です。。


タイトルや商品説明も商品価値をアピールする上でとても重要ですが、

この「価格」というのも実は雄弁に物を語るのです。

本当に値下げしたことによる損失は大きかったですね~。


全商品を500円ずつ下げただけでも、
トータルだと相当な損失になります。

いい勉強代でしたね。


どうでしょうか。あなたはこれを読んでギクっとしてないですか?


価格を上げたり下げたりする手法自体は知ってたのですが、

面倒になって手抜きした結果がこれですね。(笑)


ちなみに価格を定期的に変更すること自体は間違いではないんです。

こういった間違った値下げはだめですけど。。


なぜか?詳しくはまたメルマガでお話しますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カメラ転売でYahoo(ヤフー) マネーはメリットがあるのか?
  2. ヤフオクカメラ転売で5万円の赤字を出した恐怖の取り消しエラーとは
  3. 副業カメラ転売で小資金でも稼ぐことができる理由とは?
  4. カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは①
  5. ヤフオクカメラ転売で売れるタイトル名の極意とは
  6. カメラ転売で落札される確率を大幅に上げる方法②