カメラ転売でなぜ突然仕入れや出品ができなくなるのか

この記事は3分で読めます

カメラ転売でなぜ突然仕入れや出品ができなくなるのか

もう何日も仕入れをしていない状態になったりしませんか?


このブログでは、なぜか急に仕入れや出品をしなくなる

『突発性やらない病』の謎現象について、

その原因と対策を解説していきたいと思います。


知らないうちにあなたのスキルはどんどん下がっていく


カメラ転売の『突発性やらない病』の原因とは


忙しくなってついついカメラ転売をしない日が続いてしまった

ことはないでしょうか?


そして、それがやがて写真撮影をしなくなったり、

仕入れをしなくなったり、やらない期間がどんどん長くなっていきます。



「この前写真ブースのライトやフラッシュを付けたのっていつだっけ…?」



もう前回いつやったのかさえ覚えていないなんてことも。。



やり方もわかっているし、やらないといけないこともわかってる。

でもどーーしてもやる気が起きない。なぜ?



この謎の現象の一番の原因は、ブランクを開けすぎたせいです。



毎日少しでもやっていれば習慣が残りますので、

実はある程度の作業は無意識にある自動処理でアシストされています。


習慣化されているものは目を瞑っててもできますし、

ながら作業でも体が覚えているので意識しなくてもできるあれです。



ところがブランクを開けすぎると、

この自動処理がなくなりますので、

意識的に作業をしないといけません…。



なのでやることがかなり負担になってしまうんですね。



そうなるとやる気がでませんからずるずるブランクがあいて、

それがさらにやる気をなくさせていく悪循環に陥ります。


これが『突発性やらない病』の恐ろしいところです。

 

もう一つブランクを開けさせてしまう理由


物を動かすのに一番負荷が高いのは動かし始めです


そして、もう一つの理由が『初動のつらさ』です。



何事もそうですが、最初のアクションが一番負荷がかかります。



家電製品は起動するときが一番電気を食いますし、

物を押して動かすのも最初に押した時が一番負荷がかかりますね。



ある程度動くと慣性等で最初よりも負荷なく動かせますが、

一度止めてしまうとまた元通りになってしまいます。



なので、頭の中ではノウハウが残っていますし、

チェックシートも、楽にできる環境もそのままなのですが、

心と体が完全に止まってしまっているので動けないのです。



そして、ブランクが長ければ長いほど、

次にエンジンをかけるハードルが上がってしまうわけです。

 

もう一度カメラ転売をする心と体に戻すには?


まずは毎日少しでも作業をして予防をすることが大事


『突発性やらない病』の原因は、

『ブランクにより習慣(無意識の自動化)を失うこと』

『停止したことによる初動のハードル』とお話しました。



では、これを改善するためにはどうしたらいいのでしょうか?




一つは、毎日少しでも『やる』ということです。




毎日10分でもいいのでヤフオク仕入れをしてみる。

毎日1品でも半品(写真撮影のみ)でもいいので、出品する。



これをしていれば習慣による自動化は失われません。



アイドリング状態となりますので、やろうと思えば

エンジン全開でカメラ転売ができます。



そして、重要なことは継続することが最優先ということです。



昔の知り合いにフルート奏者の方がいたのですが、

1日でも吹かない日があると、演奏スキルは一気に下がるのだそうです。



それだけ達人の技というのは維持をするのにシビアということなんですね。



練度を維持する、習慣システムを壊さないためにも、

この小さな運動は毎日するようにしましょう。


むしろやらないと気持ちが悪いくらいになったら最高です。



そして、もう一つ、止めてしまったら

すぐにエンジンを再稼働させることです。



もしエンジンを止めてしまったら、動力に火を入れないといけません。

これはかなりの負荷が予想されますので、本気でやりましょう。


まず重要なのは初動の負荷を少しでも下げてあげることです。


仕入れであれば、得意商品だけ3分だけやるとか、

何も考えずにヤフオク画面を流しで見るとかです。


そして、時間を限定することで、作業が中途半端になり、

もう少しやりたいという欲求が出てきたらしめたものです。



とにかく小さな作業をすることから始めましょう。



そして、もう一つ。

最悪の効率で作業をするということです。



目的はエンジンに火とつけることですので効率は無視してください。

1品を仕入れする。1品を出品する為に、

副業であれば1日分の作業時間を全て犠牲にしてもいいでしょう。



とにかく「1回やる」ということに対して、

丁寧にたっぷりと時間をかけてカメラ転売を始めてみることです。


そしてエンジンがかかれば、後はそれを維持すればいいわけです。

 

『0から1』を作ることは大変です


カメラ転売初心者の方も必見です!


『突発性やらない病』については以上です。



ちなみにこれはカメラ転売を始める方も同様です。



最初からうまくやろうと思わなくていいので、

大事なのは『0から1を作ること』に集中することです。



1ができればあとは2→10→100と慣性で伸びていきますが、

1を作るのが本当に本当に大変なのです。



ですが、物を動かして惰性がつけば、

あとは少しの力でものを動かすことができます。



行動した瞬間に、目標の50%は達成するのです。

 

それくらい行動することの負荷は高いということを

認識してください。



ぜひ足軽ならぬ腰の軽い腰軽を目指しましょう!



最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で超効率的に継続する方法
  2. カメラ転売のリスク管理!クレジットカード管理、地震対策とは
  3. 副業でカメラ転売を継続して稼ぐ為に一番重要なこと
  4. 副業カメラ転売で面倒で気が進まない作業を簡単にする方法
  5. 副業でカメラ転売を継続する為に必要な『お金以外』のご褒美とは
  6. 副業カメラ転売で時間がなくても見える化で稼ぐ