カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは①

この記事は4分で読めます

カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは①

安く買って相場で売る。相場で買って高く売る。


このブログでは初心者が押さえておくべき2大販売戦略に
ついて詳しく解説していきたいと思います。


安く買って相場で売る1円出品とは


資金回転を重視した販売戦略

 

商品を仕入れする際に、

安く買って相場で売るのか?相場で買って高く売るのか?

を意識する必要があります。


どちらの販売戦略を採用するかで

オークファン(相場検索サイト)の相場の見方が変わるからです。


まずは、「安く買って相場で売る」ということについて

詳しく説明していきますね。


この場合、ヤフオクで販売する際は「1円出品」という形式を取ります。

出品時の設定の仕方は下記の通り。

開始価格:1円

即決価格:相場よりもやや高めに設定

開催期間:1日~3日間

注目のオークション:付ける

こうすることで、どんどん入札が入っていき、
落札価格がどんどん競り上がっていきます。


よっぽど低価格で人気のない商品か、

マニアックな商品でない限りはほぼ確実に入札が入り

だいたい相場くらいまでは競り上がってくれます。

ただし、

タイミングによっては相場まで競り上がらないことがありますので、

その場合は取り消しして、再出品をします。


こちらの販売方法は積極的に売っていくことができますので、

資金回転がものすごく早いです!


今日仕入れて、明日売り切ることも可能なほどスピーディですので、

攻めの販売戦略といっても過言ではありません。


また、どうしてもその商品を欲しい方が2名以上いると、

予想を遥かに越えた金額で落札されることもあります。


これは1円出品の醍醐味でもあります。


このラッキーパンチを狙う為にも、

即決価格の設定はすごく重要になってきます。


なぜなら即決価格がこの商品の最大の落札価格となるからです。


また、1円出品をすると注目が集まりますので、

自分の他の商品にも誘導できるようにすれば、

商品の宣伝としても利用することができます。

初心者の最初の関門 1円出品


仕入れや管理が大変シビアな1円出品


大変効果的な販売手法ではありますが、

その反面いくつかデメリットもあります。


まず、1円出品の最大のデメリットからお話しましょう。



それは、オークションの終了時間に

画面に張り付いていないといけないことです。



そのまま放置していると思いがけない安値で落札される場合があります。


最低落札価格を設定するのも手ですが、

どうしても落札価格が伸びにくいので、基本は付けません。


なので終了時間前は現在の入札価格をモニターして、

自分の予想金額よりも少ない場合は取り消しをしましょう。


この取り消しについてはさらにいくつかリスクを伴います。


まず、なんらかの理由で取り消しができない場合のリスクです。



「つい1円出品のことを忘れて、気がついたら終わっていた。」

「3日後終了にしたはずが、設定ミスで1日後終了になっていた。」

「突然の用事や急病で取り消しができなかった。」



代表的なトラブルですが、こういった時は後で入札価格を見るのが

本当に怖いです。(笑)



数万円の赤字になる場合もありますので、

オークションの管理が極めて重要となります。



また、取り消しが続くとモチベーションが低下します。


取り消しには1品あたり540円かかりますので、

これが最初の頃は地味に痛いのです。


例えば予想している利益が3000円とかですと、

一回取り消すだけでも約2500円でかなり利益がまずくなりますよね。


これを3回取り消したら利益は1500円です。


また、取り消しをすると中には出品ページの質問欄から

「なんで取り消ししたんだ!」とクレームがくることもあります。


これがまた初心者の心をえぐるわけです…。

なぜ難易度の高い手法を、初心者が先にやらないといけないのか


1円出品は仕入れる力と練度の高い販売力が必要なのになぜ?


まず1円出品の大前提としては、

相場よりもかなり安く仕入れるということが重要になってきます。



多少相場よりも安く買われたとしても利益が出るもの。

3回くらい取り消ししても十分利益が出るもの。



こういった商品を意識して仕入れなければなりません。

もう取り消し前提で仕入れる感じですね。



文字通り、安く買って相場で売るです。



その為には、オークファンの見方に注意しなければなりません。


過去の相場を見ると、開始価格が1円になっているものや、


入札数が5件以上のかなり多いものがあると思います。


これらは1円出品の手法で売れた相場となりますので、

こちらを参考にして仕入れをしていきます。


注意しないといけないのは、入札数が1や2と少ないもの。

これらは別の記事で説明する定額出品で売れたものですので、

参考にしてはいけません。



次に注目をより集めるということが大事になります。



人がたくさんヤフオクを見ている時間帯を終了時間にするとか、

注目のオークションをつけるとか、写真や出品ページをよくするとか

たくさんできる工夫があります。



この辺はまた後ほど解説していきたいと思いますが、

一番重要なのは本当にタイミングです。



タイミング次第ではしょぼい出品ページでも高値で売れたりします。


このタイミングにドンピシャで合わせるためにも、

出品の取り消しを最低3回はトライする必要があります。


さて、まずはざっくりとメリット、デメリットを解説しましたが、

1円出品の最大のメリットを最後にお伝えしましょう。



それは資金回収と経験値上げです!



クレジットカードで仕入れをしている場合は、

次の支払いまでに商品を販売できていないといけません。


もし支払いギリギリまでに資金回収ができていなかったとき

あなたはどうしますか?


そう、そういう時はこの1円出品です!

赤字になるかもしれませんが、ほぼ確実に売れますので、

1円出品で回収して支払いを済ませるのです。


また、初心者がヤフオクに慣れる為には

この1円出品が本当にすごく重要になってきます。



1円で回すと数をこなすことができますので、

レベルアップがめちゃめちゃ早いんですね。



なので最初はトントンでも赤字でもいいので、

1円出品をして経験値を上げるということが重要なんです。


1円出品ってこの為にあるんじゃないの?って思えるほど

この2点は重要ですのでよく覚えておいてください。


私は最初、定額出品の方が簡単なのに
なんで1円からやらないといけないのかと思っていた時期がありました。


それで結局1円出品をやめて定額出品に切り替えたのですが、
資金がないうちはほんとに数がこなせないんですね…。


少ない出品数での定額出品は回転率がすごく悪いんです。。

人によってはこれで資金ショートして挫折してしまいます。


初心者が敢えて難しい一円出品から始めなければならない理由は
ここにあります。


また、1円出品で利益を出せるようになれば定額はめちゃ簡単です。


安く買って高値で売るという戦略もできるわけで、
ほんとに1円出品をマスターすれば怖いものなしですよ。


このテーマは掘り下げればまだいくつもネタが出てきますが、

詳しくはまたメルマガ等で解説していきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で10万円稼げるようになるまでの流れ
  2. 副業カメラ転売で小資金でも稼ぐことができる理由とは?
  3. ヤフオクカメラ転売で売れるタイトル名の極意とは
  4. 副業カメラ転売初心者の方にオススメの写真撮影術とは
  5. 副業カメラ転売に必要な情報を200%早く仕入れる方法とは
  6. 副業カメラ転売で簡単に稼いで、お小遣いを5万円アップする方法