カメラ転売で落札する確率を大幅に上げる入札のコツとは

この記事は4分で読めます

カメラ転売で落札する確率を大幅に上げる入札のコツとは

ヤフオクの入札は熾烈な心理戦


このブログでは、少しでも落札できる確率を上げて
仕入れをしやすくするコツについて解説していきます。


まずは獲物(仕入れ対象)の状態を確認しよう


落札しやすいサインが多い商品があれば激アツ!


今回は仕入れについて解説していきたいと思います。


まず商品には落札できる確率が通常よりも高いものが存在します。


これを積極的に攻めます。


具体的には下記のような商品です。

基本的には1円出品の形態のものを攻めます。


・開始価格が1円ではなく中途半端な金額
※例:10000円の商品を4500円から開始にしている

・タイトルが適当(売る気がない)
※例:ニコン 50ミリ 1.4

・タイトルの商品名が間違っている
※例:Nicon Ai-s 50mm F1.4 (正しくはNikon)

・動作するのにタイトルに「ジャンク」と記載がある

・カテゴリが間違っている
※例:キヤノンなのにニコンのカテゴリにある

・写真が見にくい

・写真が無い

・商品が清掃されておらず汚い

・入札がまだない(入札数 0)

・自動延長が設定されていない

・オークションの終了時間が20時~23時以外

・価値はあるが需要が少ない商品

・商品説明が適当

・極めて高額な商品

・印象的に落札後面倒くさそうな商品


こういったものは価格が上がりきらない可能性がありますので、

片っ端からウォッチリストに入れていきましょう。

商品チェックの流れを身体で覚えよう


入札する前にこの流れでさっとチェックをしていく


例えば、「カメラ、光学機器」カテゴリ内の商品をざっと

出したとして、どうチェックしていくのがいいでしょうか?


ここでは並び順の設定などは言及しませんので、

画面を見やすくする方法については別途記載します。


初心者の方はもう定番のネタですが、

入札数を見て、1件でも入札のあるものを順番に見ていきます。


1件でも入っているということは、

相場よりも安い可能性が高いということになります。


次に写真を見ます。

白バック背景のいかにも転売ヤーな写真は無視します。


価格が相場まで上がらなかったら取り消しされるので時間のムダです。


写真を見て、次にタイトルを見ますが、

この辺はほぼ同時に見るくらいさっと見てください。


そして、いよいよ価格ですが、最初は相場がわからないと思いますので、

ここでは一旦スルーして、商品をクリックし詳細を確認します。


そして「終了日時」「自動延長の有無」をこれまたさっと確認し、

次に評価をチェックします。


カメラ関連のものばっかりが売られていた場合は、

バイヤーなので初心者のうちはやめておきましょう。


また悪い評価の多いものもパスします。


ちなみにストアであれば評価はチェック不要です。


評価もよければ、次に商品の状態をチェックします。


・コンディションはどうか?

・動作するか?

・付属品はあるか?

・元箱はあるか?

・初期不良時は返品可能か?

・その他注意事項はないか?


また、質問欄にも追加情報があったりしますので、

もしあればチェックしておきましょう。


とにかく最初はノークレーム・ノーリターンには

手を出さないほうがいいかもしれません。


堅実なものから攻めてください。


チェックした結果、動作するようなら、

ようやくオークファンで相場をチェックします。


オークファンの相場は、

そのコンディションと同じもので調べます。


ここでは詳しく書きませんが、

元箱があるなら元箱有りの相場。


レンズにカビがあるなら、レンズにカビがある相場です。

または、それと同等のマイナスポイントのある相場ですね。


そして相場がわかったらいよいよ入札ですが、

ここで入札のコツの登場です!

 

ヤフオクで落札率を上げる入札のコツ


コツを覚えて入札の心理戦に勝利しよう


まず大事なのが、自動延長があるかどうかを把握することです。


自動延長があると、

終了時間5分以内に入札が入ると自動で時間が延長されてしまいます。


なので自動延長がないものは、

終了ギリギリでMAXの資金を投入しましょう。


これを理解した上で3つのパターンを記載します。

 

資金MAX入札


安い商品が見つかった時点で出せる資金のMAXを入れる。

ポイントサイトを活用して、とにかく数をこなしたい方向け


自動延長がない場合は、変則ですがスナイプでMAX入札します。

※スナイプ=ツールなどで時間指定して入札すること


□メリット


・結果を気にせずバンバン進める

・ポイントサイトを活用できる

・相手が入札する度に高値を更新していけるので
 
 心が折れてくれる場合がある

・ツールが不要


□デメリット


・一度は入札しないといけないのでこっそりできない

 

じわじわ入札


ツールを使って終了10秒前に入札し、資金MAXまで繰り返す。

23時以降など「早く寝たいのに!!」みたいな夜戦で有効。


自動延長なしの時は利用しない。


□メリット


・相手がイライラして諦めるかもしれない

・10秒前なので相手が「落札したー!」と油断してる

 隙に落とせるかもしれない。

・基本ツールに設定したら放置できる


□デメリット


・ポイントサイトが使えない

・入札数が増えすぎて返って目立つ場合も…。

・ツールが必要

 

勢い型入札


ウォッチリストに入れて、5分手前で軽く入札し、

上書きされたら速攻ですぐにやり返す


何がなんでも欲しい!という気合を見せて、

相手の戦意を削ぐ方法


□メリット


・リアルタイムで戦術を変えられるので柔軟に対応できる

・価格も少しだけ上乗せ…とかもできる

・相手がツールでなかったら気合で勝てることがある

・意外に気合からか落札しやすい

・ポイントサイトも利用できる


□デメリット


・相手がツールだとつらい。とくにじわじわ。

・画面もしくはスマホから目を離せられない。

・相手に火が付くと最悪。


また、共通の作戦としては、

端数入札があります。


入札金額の末尾に9を付けるというもの。


こうすることで、同じ資金力が1万でも、

9円差で勝利することができる、場合があります。


また、金額によって高値更新に必要な金額が違いますが、

高値更新に500円が必要でしたら、

この9円を更新するのは10円ではなくて500円になります。


大変やらしい数字がこの端数となります。


また、若干文句を言われる可能性がありますが、

きりのいい数字で入札しないというのも手です。


10000円だと入札しやすそうですが、

9318円だとなんか心理的に入札しにくそうですよね。


また、逆に大台を超えると諦める可能性があります。

例えば、9000円台で競り合ってる時に、

大台の1万円を先にこちらが超すわけです。


大台を超えると割高感が出るので、

あきらめてくれる可能性があります。


「うぉっ、こいつはやばいな!」


と思わせるくらいに勢いを見せてやりましょう。

あくまで確率ですけど。。


今回はざっくりと概要を解説させていただきました。

こちらに肉付けしていくように、今後補足を加えていきます!


他にも入札打法はありますのでそれはいずれ。


最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で超重要な、仕入れ、落札時の考え方とは?
  2. カメラ転売のヤフオク仕入れを効率化する設定(初心者編)
  3. 副業カメラ転売で月10万稼ぐ!再生前提の仕入れとは?
  4. 副業カメラ転売で月10万稼ぐ!定番ながら強力な仕入れのコツ
  5. 初心者がカメラ転売で仕入ができない理由
  6. カメラ転売界の名プロデューサになって稼ぐ仕入れのコツ