ヤフオクカメラ転売で売れるタイトル名の極意とは

この記事は4分で読めます

ヤフオクカメラ転売で売れるタイトル名の極意とは

まずはタイトルをクリックしてもらわないと何も始まらない


このブログでは、ヤフオクで出品する上で大変重要な
タイトル名について解説していきたいと思います。


もったいないタイトル名の付け方していませんか?


タイトル名60文字という制限内でどうアピールするか


今回はタイトル名の付け方についてです。


カメラ転売をやってると、実にいろいろなタイトルに出会います。


シンプルなものから、記号を使いまくってるものまで実に様々。



タイトルは他の出品者と差別化する最初の段階になりますが、

どのようなタイトル名をつけるのが効果的でしょうか?



まずその前に、タイトルの役割を考える必要があります。



1つ目の役割は超重要ですが、キーワード検索に引っ掛けること!



お客様がヤフオクで商品を探すときは、

まずキーワード検索をされると思います。


その際に極力引っかかりやすいように、

タイトル名を工夫する必要があります。



2つ目の役割は、数ある商品の中から注目してもらうこと!



人気商品を検索するとわかりますが、

ライバルが多いと完全に文字の中に埋もれてしまいます…。



つまり、クリックされにくい。。



なので、他のタイトルよりも目立つことが大事です。

ざっと流して見て、目に引っかかるような仕組み。



これが大事だということです。



3つ目の役割は、タイトルをクリックしてもらうこと!



ヤフオクで商品を検索して、最初にお客様に届くメッセージ、

それがこのタイトル名、タイトル文ですよね。


このタイトルをクリックしてもらわないと、

肝心の商品ページを見てもらえないわけなので、

思わずクリックしたくなるような仕掛けが必要です。



これら3つの仕掛けがタイトル名には必要ということになります。



あまりに商品名が長い時は、一部省略もありますが、

基本的にはこの3要素を盛り込むことになります。

 

検索に引っかかりやすいタイトル名とは


お客様がどのようなキーワードで検索するかを考えてみよう


それでは具体的にどうするかを考えていきたいのですが、

最初のキーワード検索の対策からいきましょう。



ここで重要なのはお客様が検索するであろうキーワードを

極力60文字一杯まで盛り込むことです。



ブログ上ではあまり詳細は記載しませんが、

例えば、カルビー ポテトチップス ガーリック味というのが

あったとします。



敢えて、カメラではなくお菓子で…。



これをお客様が欲しいと思った時に、

どんなキーワードで検索するでしょうか?



メーカー名のカルビーかもしれませんし、

商品名のポテトチップスかもしれません。



カルビー ガーリック味かもしれません。

もしくはカルビーは英語で検索してくるかもしれません。



実にいろんなパターンがあると思いますので、

極力どのパターンでも対応できるように検索ワードを

タイトル文に盛り込むことが大事です。



製品名ではなくて、製品名を忘れたからふわっとした

ワードでくる場合もありますよね。



例えば、カルビー お菓子とか。

これはちょっとやり過ぎですが、製品名以外のワードも

意識するとよりいいでしょう。



肝心なのはとにかく限界まで検索ワードを盛り込むということです!

60文字しかないので結構苦労します笑

 


見つけてもらいやすいタイトル名とは


数あるライバル商品から選んでもらうためには



次は自分のタイトルを見てもらう、注目してもらう為の

対策についてです。



普通に文字だけですと、たくさんのタイトル文字に埋もれて

存在感がなくなってしまいます。



では、どうするか。




それは記号を使うことです。




例えば★とか◆とかですね。



オークデータとか見てても思いますが、

なんだかんだで上位の人は目立たせている傾向にあると思います。



ただ、問題は『記号を使っている=バイヤー=怪しい』という風潮が

中にはあるということです。



なので、敢えて記号を使わないセラーさんもおられますが、

その分をどうフォローするかが大事だと私は思っています。



やっぱり目出せる効果を考えると、

どうしても記号を使わざる負えないところがあるんですね。



このメリットを捨てるのはちょっともったいない。。



もっと広い範囲での対策が必要です。



あとはキーワードの配置でも注目を集めることができます。

それは、タイトルの一番左にインパクトのあるワード

持っていくことです。



最初に目に入るところですので、ここに引きの強いワードを

持ってくれば目に止まる可能性が高くなります。


クリックしてもらいやすいタイトル名とは


必要なのは安心感とお得感


ここでおさらいですが、

売れるタイトル名には3つの要素が含まれます。



1つ目は検索対策用のキーワード。

これは大体6割から7割を占めます。



2つ目は注目を集める集客対策用のキーワード。

これは大体1割を占めます。



そして、3つ目が残りの2割ほどを使う最後の対策で、

クリックしてもらう為のキーワードです。



ここでは、極力他のライバルとは差別化したキーワード

欲しくなります。



例えばここの商品なら安心かな?と思わせるようなワード、

ここで買ったらお得かな?と思わせるようなワードですね。



安心感やお得感、あるいは、早く買わなきゃ!と思わせる

ようなワードを散りばめればOKです。



『おまけ』とか『元箱』とかありますよね。

ああいうやつです。



ライバルのタイトルとか見て引きが強いインパクトのある

キーワードを見つけたらパクりましょう笑



メモして次に使えばいいわけです。


トップセラーのは特に勉強になりますよ。

 

60文字という制限の中でどう配分するか


助けて!制限文字数に収まりません!


さて、ここで問題になるのが60文字以内という制限です。。



この3つの要素をどう配分していくか、

というよりはどれを省くかがカメラ転売の妙となります…。



例えば記号のところでも少しお話しましたが、

もっと広い範囲で省略した内容をフォローすることが大事です。



ここはみなさんそれぞれ課題があるんじゃないでしょうか。



さて、ここで逆にやってはいけないタイトル文

ちらっとご紹介しておしまいにしたいと思います。



カメラ転売初心者の方にありがちなのが、

タイトルを60文字いっぱいまで使わないというもの。



これはめちゃめちゃもったいないので、

全部使い切るようにしましょう。



そして、もう一つ、タイトルのキーワードは

それぞれ半角スペースで区切りましょう。



キーワード同士がくっついていると、

検索されにくくなりますので、

必ず区切ってください。



また全角スペースを使うのはやめましょう。

半角よりも文字数を消費するのでもったいないです。



これらを意識して自分独自のタイトル名を作ってみてください!



軽視されがちですけど、案外重要なんですよ?



今回も概要だけのファジーな内容になってしまいましたが、

具体的な対策、詳細についてはメルマガで!


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは①
  2. カメラ転売に大事な『出品数』を爆増させ落札率を上げる方法
  3. 副業カメラ転売で最強に時間短縮する為の手法とは
  4. カメラ転売で落札される確率を大幅に上げる方法②
  5. 副業カメラ転売で小資金でも稼ぐことができる理由とは?
  6. カメラ転売でクレームを激減させ、さらに作業効率を上げる方法