副業カメラ転売で月10万稼ぐ!定番ながら強力な仕入れのコツ

この記事は3分で読めます

副業カメラ転売で月10万稼ぐ!定番ながら強力な仕入れのコツ

副業カメラ転売で10万稼ぐのに押さえておきたい仕入れ法


このブログでは初心者にまず覚えてもらいたい、
王道の仕入れ方法について詳しく解説していきたいと思います。


王道の仕入れ技、『動くジャンク型』


トップセラーが必ずチェックするキーワードとは?


今まで『主観の違い』『販売能力の違い』について
ご説明してきました。


今回は王道中の王道、『動くジャンク型』をご紹介したいと思います!
これはぜひマスターしてください。


よくヤフオクの商品タイトルに「ジャンク」
記載されているものがあると思います。


この「ジャンク」というのが曲者でして、
「完全に動かないジャンク」「動くけど訳ありなのでジャンク」
と2種類あります。


「完全に動かないジャンク」は商品説明にちゃんと
「故障」とか「動作しません」

と記載がされているので仕入れ対象外とします。


めちゃめちゃ破格の値段なら買ってもいいですけどね。
動かなくても利益が出るものはありますから。(汗)


今回の型で狙うのはそう!「動くけど訳ありなのでジャンク」の方です。


説明文を見ると「動作未確認なのでジャンク」とか
「動作するけどカビがあるのでジャンク」とか書いているのがあります。


「動作未確認」については初心者はパスしたほうが無難ですが、
「動くのにジャンク!」はぜひ狙っていきましょう!


ジャンクと記載された商品は一般の方はまず入札されません。
入札するとしたら同業者です。(笑)


それでもライバルは減りますし、購入はしやすくなります。

商品検索で「ジャンク」というキーワードで検索する
結構出てくると思いますので、本当にジャンクかチェックしましょう。

最初は入札がされている商品を狙う


入札されている商品は利益が取れる可能性が高い


検索するといくつもジャンクの商品が出てくると思います。
その中で手っ取り早いのはすでに入札のある商品を狙うことです。


入札が1とか2とか入っているやつですね。

入札がされているということは利益が出るから
入札している可能性が高いので判断がしやすいです。


すでに入札があるということはライバルがいるので、
競りあがる可能性はありますが、
もちろん落札できるチャンスは十分にあります。


『入札の多い順』で並び変えてもいいですね。
片っ端から便乗していきましょう!

ジャンク買いで注意しなければならないこと!


絶対に買ってはいけないパターンとは?


この手法にはいくつか注意事項があります!

これをしっかり押さえておかないと大赤字になる可能性
があるので頭に叩き込んでください。


『カメラ転売ヤーからは買わない!』

バイヤーがジャンクで出しているものは
まず間違いなく致命的な欠陥のあるものですので、
落札してはだめです。


バイヤーは必ず動作確認してますので、
これは利益がでないとわかっているからジャンク売りしているわけです。

「動くかも?」という淡い期待は微塵ももてませんのでパスしてください。


では、どうやって素人と見分けるのか?


一つは写真です。

背景が白いものはバイヤー率が高いので避けたほうがいいです。


もう一つは評価です。

商品ページ右上に評価がありますので、
評価の数字をクリックしてみてください。


すると今まで売れた商品の履歴が出てきますが、
この履歴にカメラやレンズのタイトルがずらっと並んでいる
ものはまずバイヤーで間違いありません。


カメラ以外のものが多い。例えば、ギターとかiphoneとか、
そういう方はバイヤーでない可能性があります。


背景が白いものでもこういう方は買ってみるのもアリかも
しれませんが、初心者はやめておきましょう。


あくまで狙うのは素人さんです。
素人さんから買って、
商品が届いたら「あれ?全然問題ないじゃん!!」と
叫ぶべきです。


間違っても、
「うわぁ、本当に動かないよぉぉ」と泣かないように(笑)


私はよく泣きましたよ。(笑)


もう少し精度を上げることもできますが、
それはまた別のお話しに。

初心者の方はやはりレンズから


まずは取り扱いのしやすいものを選びましょう


別の記事でも記載させていただきましたが、
最初はレンズをメインに扱いましょう。

ジャンク品というのはもともと動作不良前提の商品ですから
検品がすごく重要になってきます!


ちゃんと検品して、撮影に影響がないことを確認して、
正常品として売るから利益が出るわけです。


なので検品の経験が浅い初心者の方は、
検品が簡単なレンズ、できたらマニュアルレンズがオススメです。


AFレンズはメーカー毎に検品用のボディが必要なので
設備が整わないうちは厳しいと思います。


せめてNikon、Canonのボディは購入しておきたいですね。
私もボチボチ揃えた口です。


ジャンク仕入れは特に経験(仕入れた数)が物を言います。


やればやるほど精度が上がりますし、
すごくおいしそうな商品でも、危険を察知してスルーしたりできます。


経験の中でも失敗は特に経験値が上がりますね。

もしかしたらここまで突っ込んでもいけるかなーと冒険して、
儲かるか損するか、たまにはそういう実験も必要です。


ですが最初からそんなリスクを負う必要はないわけで、
まずは王道の仕入れをマスターしていきましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で安く仕入れる為に最初に確認すべきこととは?
  2. カメラ転売で落札する確率を大幅に上げる入札のコツとは
  3. 副業カメラ転売で月10万稼ぐ!再生前提の仕入れとは?
  4. カメラ転売界の名プロデューサになって稼ぐ仕入れのコツ
  5. なぜカメラ転売はヤフオクで仕入れてヤフオクで売るのに稼げるのか?
  6. カメラ転売のヤフオク仕入れを効率化する設定(初心者編)