副業カメラ転売初心者の方にオススメの写真撮影術とは

この記事は4分で読めます

副業カメラ転売初心者の方にオススメの写真撮影術とは

副業はいかに時間をかけずに綺麗な写真を撮るかが全て!


このブログでは、副業でカメラ転売をする上で重要な
写真撮影の時短術について解説しています。
特に初心者の方は必見です!


あなたは写真撮影にどれくらい時間をかけてますか?


あることをやめるだけで劇的に時間短縮ができます


さて、今回はめずらしく写真撮影について解説します。



写真撮影の部分は結構肝となる部分ですので、

ブログに載せてなかったのですが、全くないのもあれなので

一つ題材にさせていただきます。




重ね重ねですが、副業でカメラ転売をするなら効率化は必須です!




そして、特に初心者の方は数をこなすことが重要ですので、

より無駄な時間は削り落とさなくてはなりません。




その中でも特に時間をかけてほしくないのが写真撮影です…。




写真自体はカメラ転売をする上でとても重要な要素ではあります。



ですが、最初は適度なクオリティがあるだけで十分!

トップクラスのクオリティを求める必要はありません。



適度な光量と、パターン化された構図に従って撮影すれば、

十分相場まで上がってくれます。



いわゆる白バック背景じゃないほうが一円出品では有利と

聞くくらいですから、必ずしも写真で全てが決まるという

わけでもなさそうです。



それよりも、大事なのはどれだけ早く写真を撮影できるかだと思います。

その為にもぜひやめてほしいことがあります。




それは『三脚を使うこと』です。




三脚を使えば手ブレを防ぐことができますが、

三脚なしよりもずっと時間がかかってしまいます。




そしてもう一つ、『過剰にクオリティを求めないこと』です。




ある程度稼げるようになったらクオリティも上げる必要がありますが、

初心者のうちはもっと注力すべきことがありますので、

写真研究に何週間何ヶ月も費やす必要はありません。



これは少し脱線しますが、テンプレートの作成にも言えることです。

最初はお決まりのノーマルなテンプレで構わないのです。



それよりも仕入れのコツの習得、

そして販売経験による自分相場の形成の方が最優先と思ってください。



その点をマスターしてからでも全然遅くはありません。

 


時間短縮の為に設備投資することの重要性

 

一瞬で撮影可能な状態にできる環境作りが大事



副業でカメラ転売するなら三脚を使わないこと!



これがまず時間短縮の基本ですが、

それ以外にもたくさんの時短テクニックがあります。



ですが、写真撮影は物理的な作業ですので、

写真加工を除いては時短は物理的な対策が必要になります。




具体的にいうと設備にお金をかけるということです。



例えば、三脚を使わないのであれば、

どうやって手ブレを防ぐかを考えなくてはなりません。



光源はストロボにするのか、それともLEDライトにするのか。



ブースの大きさは今の広さで使いやすいのか。

すぐに撮影に取り掛かれるような場所にあるのかないのか。



カメラはすぐにスタンバイできるか。

まさかバッテリー切れで写真が撮れないなんてことはないですよね?



ブースを準備し、カメラを準備し、被写体の構図を最速で変えて、

実際に写真を撮影して、PCに落とし込んで、という一連の作業を

効率化するには実にいろんなアプローチがあります。



その方法として、「設備にお金をかける」というのと

「撮影技術を上げる」というのがありますが、

手っ取り早いのは設備投資です。



今回は三脚の話をしましたので、

そちらをもう少し具体的にお話します。

 


例:三脚を使わずに撮影するにはどうしたらいいか?

 

設備投資と撮影技術の両方から効率化を図る



では例として三脚を使わない為にはどうしたらいいかを考えます。



まず、三脚を使わないということは、

手ブレが発生しやすくなるということです。



ですので、設備としては手ブレ補正付きのレンズやカメラを

使うということがまず一つあります。



といってもそんなにべらぼうにお金がかかるわけではありません。

NikonならVR付きのレンズですが、全然安いのもあります。



商売道具ですから、外観がひどいものでもいいわけなので、

ヤフオクとかで安く落としてしまいましょう。




そして、シャッター速度を稼ぐ為に光量をもっと増やす必要があります。


手ブレが起きる主な原因は、シャッター速度が遅いことです。




光量が不足していると、シャッターを遅くしてより光を取り込む

必要が出てくるのですが、

シャッターを開いている時間が長くなると手ブレが起きやすくなります。



夜中に写真を撮るとブレやすいですよね?

あれは暗いのでシャッター速度が遅くなっているからです。



光量を増やすには、光源を用意したり、

F値の低い明るいレンズを使ったりと、

光量を確保するアイテムがいくつかあるのでそれらを調達します。



もちろん手ブレ補正でもシャッター速度を稼げます。



そして、次に写真の撮り方。

手ブレが起きにくい基本的な撮影方法をマスターすることです。



あとはカメラの設定ですね。

これらは撮影技術でのアプローチとなります。



無料で対策できますので、設備投資と併せて対策しましょう。



カメラ転売って三脚一つでもいろいろとありますよね。



これらを総合的に時短することができれば、

撮影はめちゃくちゃ早く終わります。



撮影が早くなれば、今度は撮影枚数を増やすことができます!

撮影枚数が増えれば、より販売で有利になりますよね。



このようにどんどんいい方向に波及していってくれますので、

写真撮影はまずは効率化から!



こちらを意識して副業でカメラ転売されている方、

初心者でこれからの方はぜひ取り組んでいただけたらと思います。



また内容がふわふわしてしまいましたが、

コアな部分はメルマガ等で情報を上げさせていただきますので、

どうぞよろしくお願い致します。



最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. カメラ転売に大事な『出品数』を爆増させ落札率を上げる方法
  2. 副業カメラ転売の稼げる充実した休日の過ごし方とは
  3. 副業カメラ転売で10万円稼げるようになるまでの流れ
  4. ヤフオクカメラ転売で5万円の赤字を出した恐怖の取り消しエラーとは
  5. カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは②
  6. カメラ転売で落札される確率を大幅に上げる方法②