ヤフオクカメラ転売で初心者が間違いやすい12の失敗例

この記事は4分で読めます

ヤフオクカメラ転売で初心者が間違いやすい12の失敗例

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ


このブログではヤフオクでの出品時に間違いやすい
12のパターンについて解説しています。


カメラ転売で出品時に間違いやすいパターンを覚える


余計な失敗は絶対にしない為に


今回はぜひカメラ転売初心者の方に読んでいただきたい

ヤフオク出品時の失敗例を解説していきます。



出品を確定させる前にこのポイントをチェックしていただければ

格段に失敗率を下げることができると思います。



私自身が失敗した経験を元に作成しましたので、

ぜひチェックリストの参考にしていただけたらと思います。



後から失敗に気付いたときには、「入札が入って取り消せない…」

「有料オプションが無駄になってしまった」など痛い目をみますので

必ずチェックをするようにしましょう。。


カテゴリ

 

シンプルな間違いですが、

カテゴリが別のカテゴリになってしまっているかもしれません。



カテゴリはアクセス数に大きく影響しますので、

適切なカテゴリを設定しましょう。



間違ってもニコンなのにキヤノンに入っていたり、

オートフォーカスなのにマニュアルフォーカスであったり

しないようにしましょう!



適切なカテゴリがわからない場合は、

オークファンでトップセラーのものを参考にしてください。


タイトル

 

タイトルがヤフオクのテンプレのままになっていたり、

Chromeの自動入力で変なのが入っていたりする場合があります。



またレンズであれば、50mm F1.4などのmmやFが抜けているとか、

II、III、IVなどが、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳになっているとかですね。



ローマ数字は、I(アイ)とV(ブイ)を使ってください。

オークファンで検索するときも同様です。

 

説明文

 

一度出品プレビューまで進もうとした時に、

エラーになって戻ると出品ページが空白になることがあります。



それを知らずにそのまま出品すると、

出品説明文が空になってしまいますのでご注意ください…。


価格

 

1円出品か定額出品かしっかりチェックするようにしましょう。

一番最悪なのは桁間違いです…。

 


大赤字になりますので価格設定は十分にチェックしてください。



また、一円出品で取り消しした場合、

そのまますぐに再出品するのはやめましょう。



その時の市場によってたまたま相場まで上がらなかった場合も

ありますが、そもそも価格設定が間違っている可能性もあります。



オークファンで間違っていないかチェックしてから、

再出品するようにしてください。

 

でないといつまで経っても売れないかも…。


終了日時

 

こちらも説明文同様に、

出品プレビューから戻ると初期化されることがあります。



プレビューから戻ったときは再度確認してください。

また一円出品の際は必ず意図した日時かをチェックしてください。

 

間違うといつの間にか終わっているなんてこともあります…。

 

画像

 

違う商品の画像が使われている場合があります。

きちんとタイトルと写真が一致しているかをチェックしましょう。



また写真のコンディションと、

商品説明文のコンディションが一致しているか

さっとチェックします。



写真は傷だらけなのに、説明文は美品になっていた場合は

チェックミスの可能性があります。

 

その場合は説明文から見直しするようにしてください。


自動再出品回数

 

一円出品と定額出品を使い分けている方は

この設定をミスしやすいです。


定額は3回、一円出品は0回になっているかを十分チェックしましょう。


有料オプション

 

こちらも一円出品と定額出品を使い分けている方は

間違いやすいところです。


一円出品と定額ではかけている広告費も変わってきますので、

逆になっていないか、余計なオプションがついていないか

チェックしてください。


最低落札価格再出品

 

最低落札価格で入札が入った状態で売れずに終了した場合、

再出品すると元の出品ページは落札なしの中に残ったままになります。



なので、再出品が終わったら落札なし分は削除するようにしましょう。

でないと出品ページが重複してしまいます…。



また、再出品が失敗しているのに落札なしの中のものを削除すると

出品ページがなくなってしまいます!



なので、確実に再出品されているのを確認してから

元を削除するようにしてください。


ツール使うと確認が楽になります。


長期休暇対応

 

外注先が長期休暇に入るのに納期がそのままになっていませんか?



商品が売れていざ発送しようとしても発送ができずクレームに

なる場合がありますので、きちんといつからいつは発送不可と

アナウンスするようにしてください。



もちろんあなたが休暇を取る場合も同様です。


在庫管理ミス

 

すでに売れているのに出品している可能性があります。

定期的に商品の棚卸をしましょう。



また、最低落札価格のところで記載しましたが、

なんらかの理由で出品ページがなくなるケースがあります。



いつまで経っても売れない、おかしい!と思ったら

そもそも出品ページが無いという(笑)



また、そういった場合の簡単な復旧方法があるのですが、

それについてはメルマガ等でまたお話ししたいと思います。


検品ミス

 

すでに入札が入っている状態で、

出品ページの内容に誤りがあった場合の話です。



「…取り消ししてやり直すのも面倒だな。。」



ということでそのまま放置…はやめましょう!



売れた後でクレームが来たら、

再出品の倍の労力を消費します。。



落札手数料で利益も減りますし、最悪悪い評価がつくことも…。



自分にミスがあるとわかったら迷わず取り消ししてください。



オークションの編集で追記することもできますが、

落札者が見てないことが多いです。



取り消しするのが無難ですね。




どうでしたでしょうか?

中には経験済みのものもあるかもしれないですね。



細かいことをいうともっとありますが、

出品を確定させる前にこれらを今一度チェックすることが

本当に大事です。



しょうもないところで悪い評価や赤字にならないように

守りのカメラ転売もぜひ身につけていただきたいと思うので

ぜひ普段のチェック体制を見直すようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


いつも「いいね」で応援ありがとうございます!

さらに詳しい内容についてはこちら


『在宅副業の半自動カメラ転売で自由を手に入れる極秘メルマガ』です^^
無料で『ブログでは公開されない情報』をゲット!

どしどしご登録頂いておりますのでお早めに♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 副業カメラ転売で10万円稼げるようになるまでの流れ
  2. カメラ転売でクレームを激減させ、さらに作業効率を上げる方法
  3. カメラ転売で全然稼げなくて焦っている方必見!倍速で成果が出る方法
  4. カメラ転売における絶対押さえておきたい2つの販売戦略とは②
  5. 副業カメラ転売で簡単に稼いで、お小遣いを5万円アップする方法
  6. カメラ転売をする上で絶対稼げない盲点的販売方法とは